映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

作品に関してはもはや説明不要のコチラ。

私はリアルタイムにこれにハマった世代でもないのでさほど思い入れはないんですが、一応一通り見てはいます。

何しろ映画好きになった頃すでにこの映画の一作目(EP4)の誕生から20年近く経過してたので、公開当初どんだけ画期的な作品だったかというのはよくわからんのですわ…ぶっちゃけ20年経ってから見ると古臭い感じしかしなかったですしね(爆)。

で、そんな映画オタクになってきてた頃に4作目(EP1)からの3作が公開となったんですが…結論として、私はSFはイマイチハマれないんだな、ということがわかったというか、うん、どうもダメっぽかったんですね(^^;)

 

とはいえ、お馴染みのテーマソングとオープニングが流れるとやはりテンションは上がるんですよね、シリーズものというやつは(笑)!

 

さてさてそんなシリーズ7作目のコチラなわけですが。

結局睡魔と闘ってしまいましたねぇ…(^^;)字幕と吹替と2回もチャレンジしたんですが、結局意識が…う〜ん、なんというか、物語というかいろんなシーンがとても丁寧に作られてるというか、端折ってないなぁという感じで(ツッコミどころはあるんですがそれはさておき)、SF苦手さと相まって意識が…いやホントすみません(爆)

 

ヒロインもいい感じでしたし、BB-8も可愛かったですし、その辺の掴みはオッケーなので、作品自体はこの先に続くであろうEP8とか9を見ないと何とも言えない感じかなぁと思いました。これだけ見ても特に悪役カイロくんなんかどーしてこうなったんだか流れがわかんないのでちょいと色々唐突な感じでしたし…。ラストも「次回へ続く!」的な終わり方もしてますしね、次作を待ちましょう…。

 

しかし、ハン・ソロはじめ初期シリーズのメインキャラが歳をとって、同じ俳優・女優がそのまま演じているというのは凄いですね、なかなかないですよね。ハリポタくらいか。あれも足かけ10年くらいでしたが、SWは…30年とか40年くらいか?凄すぎる…!

ハリソン・フォードは年食っても格好いいですし(というかむしろ年取ってからが好きなオヤジスキー藍川・笑)、レイア姫のキャリー・フィッシャーは正直お歳を召された今作の方が美人だと思いました(苦笑)。

このあたりの出演者観るだけでも価値はあるかなと思いましたね〜。


映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』


『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

というわけでラストを鑑賞〜。
PART1観た時から…えっと、2ヶ月以上経っているので、ちょっと話を忘れかけてたんですが(爆)、元々完全理解せずに見ているので(オイ)前回の引きは思い出しました、ええ(^^;)

最終作は二部作に分けたので、それまでの作品みたいな詰め込みました感はないのですが、逆にゆったりして…観たのが風呂上がりの深夜だってせいもあってでしょうが、ついこう、意識が飛んで……(^^;)
延々アクションバトル繰り広げてるのに寝てしまうとは、そもそもバトルに興味がないってことでご容赦。
まぁ元々ハリポタファンというわけではないので、全作演じきった主役3人に敬意を表してそれで良しという感じです。ラストの19年後の彼らってのには少々無理があった気もしますが(どう見ても19年経ってるようには見えん!もうちょっと老けメイクとかできなかったのか…って、老ける歳でもないから難しかったのかー^^;)、ここだけ別の俳優さん使うのはもっと嫌ですしね。

お話については映画だけでは理解し切れてない部分もあるので(なにしろハマって見てたわけじゃないし意識飛んじゃったくらいなので^^;)、わからないところはウィキで補完をしておきます…(核爆)

で、今回一番楽しかったのはマギー・スミス(役名を覚えられない^^;)の活躍かなぁと(笑)。
児童文学らしく(?)ハッピーエンドでまとまっているので一安心という感じかな。

映画『ハリー・ポッター』6&7作目

さて引き続きハリポタ強化週間で(笑)


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

これもまた微妙に置いて行かれ感がするんですが…よくわからなくなってきましたよ(^^;)
え〜結構盛りだくさんで、衝撃の展開で続いちゃってるんですが…それよりなにより恋愛話が異様に笑えてしまうのはなぜだ(爆)
前回気になってたドラコ父はちゃんと捕まって(?)もやもやがすっきりしたんですが…。
あのお方も息絶えよの呪文食らってアッサリ、とか、なんか魔法(呪文)って言ったもん勝ちなのか?とか思ってみたり…(^^;)なんという急展開…。



『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』

いよいよ最終作〜(の前半)。
二作に分かれているせいか、これまでに比べるとやけにゆったりした展開(苦笑)。いや、丁寧に描いていると好意的に見てあげて…う〜ん、これはPART2見ないと評価しづらいトコですね。
どうも『不死鳥の騎士団』から私的には微妙な感じなんですが、そこからラストまで同じ監督なんですよね…この監督がイマイチなのか…?どうも盛り上げ方が下手というか、平板な展開で…。

完結編ってことで今までの伏線っぽいものもどんどん盛り込まれてるんでしょうが、初めの方を見事に忘れている私としては固有名詞がサッパリ分からなくて誰だっけ?何だっけ?…という状態に(^^;)
ウィキで補完しときます!(爆)
個人的にはビル・ナイの登場に萌えた(笑)。

そしてここまで来るとホントメインキャストも大きくなってるなぁ〜。一作目と比べるとホントにもう。
エマ・ワトソン(ハーマイオニー)がすっかり美人さんに成長して嬉しい限りv
ハリー君がヒゲとか胸毛とかちょっと気になる感じになってしまい(苦笑)…作中年齢は16歳の設定なのかしら?えっと…海外のお子様は老けてるってことでオールオッケー?(爆)
ハリポタのイメージは消えないでしょうが、なにかこう、子役でブレイクしてその後転落人生を歩むタイプとは3人とも違いそうなので一安心して(アメリカとイギリスの違いかしら…)、それぞれ今後も頑張っていただきたいですね〜。

…というわけで、PART2のDVDが出るのを待つぜっ!
話覚えていられるかしら(爆^^;)

映画『ハリー・ポッター』4&5作目

ハリー・ポッターもいよいよ完結ということで、すっかり鑑賞が止まってるのをこの機会にまとめて観てみようとチャレンジです☆
…と思い立った時が夏休み中だったせいか、レンタル屋さんで借りられまくっていて(苦笑)、ようやく借りてまいりました。

3作目までは観た覚えがあるんですが、はっきり言ってかな〜りキャラやら設定やら話やら忘れてます(^^;)元々そんなにファンってわけでもなく、原作も読んでません。
それでも再び手を出したのは、ひとえに10年かけて一つの作品を演じ続けてきたメインキャストの皆さんに敬意を表してです。この若さで凄いことだと思います。

実際、作中年齢と実年齢のギャップがなかなか大変なことになってるとは思うんですが、配役変えずに撮り続けてるのは凄いなぁ。海外のお子様はアジア人から見れば老けてる…もとい、大人っぽいもんですので、向こうの14歳はこんなもんだという刷り込みをして観ることにしました(笑)。
忘れてる設定はウィキ○ディアで補完します(爆)!この方法はうっかりすると先のネタバレまで目に入ってしまうのが玉に傷なのですが致し方ありません(^^;)


『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

というわけで久々のハリポタ鑑賞となった4作目。
これはこれでわりと面白かったです。クリスマスパーティのシーンとか、少女漫画的要素なものも出てきますし(笑)。ハーマイオニー可愛いv
ハリー君がちょっと気になるチョウちゃんがあまり、こう、可愛くない(失礼)なのはどうなんだろうと思いますが…アジア系にしてももうちょっと…。
それにしてもこの対抗試合がですね…普通に死ぬだろコレ!?というレベルなのはいいんでしょうかホントに(^^;)
試合中に試合と関係ないところで死人が出てしまうわけですが…いや、そんな介入なくても第一第二試合のドラゴンとか水中とかで死ぬって!!(爆)ましてや水中に捕らわれた友人…死ぬだろオイ!!
…というツッコミも入れたくなる作品ではありました。
でもって、約二時間半の長尺!えぇいこのシリーズはこうだからなかなか手が出なかったんだ(^^;)



『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

こちらはこのシリーズにしては短めなんですが…その分詰め込み過ぎというか、正直かなり視聴者を置いてきぼりなんじゃないかなぁという作品でした(^^;)
とりあえずこれ単体では全くわからない話ですね…。
まぁ悪いのは演じてる子たちではないので、責めは監督だか脚本家だかが負うべきでしょう。
アンブリッジさんがもう絵に描いたように嫌なババアで「このババア、いつか痛い目にあうといい!!」とか思いながら見てました(笑)。
しかしキスまでしたチョウちゃんが裏切った…となってからのハリー君のそっけなさもあまりにあんまりな気が…。もうちょっとこの辺丁寧に描いてあげようよ、お年頃なんだから(^^;)どうも総じてスッパリまとめ過ぎの作品という感じです。
えっと、ところで、ハリー君いじめ(?)の筆頭的ないいとこの坊ちゃんキャラ・ドラコくんのお父さんって…あれ、思いっきりヴォルデモート側ですよね?ですよね…?(←キャラをイマイチ把握し切れてないけど間違ってないですよね^^;)そこんとこは問題にしなくていの?あれ…?

ベテランキャストが私好みで見応えはあるんですよね〜このシリーズ…!
アラン・リックマン、ゲイリー・オールドマン(善人役だし!!笑)、エマ・トンプソン、ヘレナ・ボナム・カーターまで出てきたし…!!彼女はティム・バートンと関わり出してからどうもかっ飛んだ役が多い気がしますが(笑)まだ好きだ!
でもって、レイフ・ファインズが…言われりゃわかるあのお顔…うわぁぁぁぁぁなんという使い方を…(笑)!
ていうか、ハリポタシリーズでゲイリー・オールドマンを知ったお子様が『レオン』とか見たら、あまりの悪役ぶりにぶっ飛ぶんじゃなかろうか…(笑)私はこの人悪役から入っちゃったから、善人やってると悶えるんですが(笑)。

そんなわけで、既出DVDはあと二本〜。話し忘れないうちに観ようっと(^^;)
でもって、最後のDVDは11月に出るらしいから、それまで話を覚えておかなくては…(爆)

映画『Dr.パルナサスの鏡』


『Dr.パルナサスの鏡』

ヒース・レジャーの遺作で、4人1役が話題となった本作。
とりあえず、撮影中に急死した彼の代役3人(ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル…という豪華メンバー)が見事に作品を成していて、よくまぁポシャらずこんな風に作り上げたなぁと感心しきり。
冒頭の脇役が鏡の中で別人になるシーンは、こんな事態になったから後付けなんだろうなぁ…とかちょっと思っちゃいました。

テリー・ギリアム監督の作品はそうたくさん見てないんですが、奇妙奇天烈なもんを作る人というイメージで(笑)、この作品もそんなイメージ通りの作品でした。
ストーリーはまぁどうでもよくて、映像、イマジネーションの世界を見る映画ですね。

そんなわけでまぁ、あぁなんかヘンなもん見たなぁ…くらいの感想しか抱けないという(爆)。
話はよくわかんないですね、ええ。
まぁ深く考えちゃいけない感じですな…映像映像。

スーパーモデルのリリー・コールが出演するとは知ってたんですが、せいぜいチョイ役かと思いきやほぼ出ずっぱりでびっくりしました。
演技が上手いのかどうかは基本的に私にはよくわかりませんが(何しろ言葉の壁が^^;)とりあえずスタイルがよろしいのでファンタジー世界がよく似合ってます(笑)。ドール顔路線のちょっと個性的な顔ですが…それが余計に現実離れしてて作品には合ってる気がしますね。