デス・リベンジ2(2011)

 

こんな映画誰も知らんでしょうから(失礼!)、もうひたすらワタクシの萌えの赴くままにレビューさせていただきますが…

 

ドルフ・ラングレン見たさに見ただけの映画です(爆)

なのでストーリーはどーでもいいんですが(潔いな!笑)、異世界に召喚されたドルフ様があっちの世界もこっちの世界もまとめて救っちゃうというこれどんなラノベ!!?というお話です。いやマジで。

「2」とかついてますが、主演シリーズモノってわけじゃないです、一作目もあるみたいですがそっちはジェイソン・ステイサム主演みたいですし、どう繋がりがあるのかは知りません(調べようともせんのか)(いやホントストーリー興味ないんで)

 

まぁそんなわけでただひたすらドルフ様の鑑賞をさせていただいたわけですが(笑)。

まず空手の道着姿で登場するんですが、Amazonの配信だけなのかDVDソフトとかもそうなのか知りませんが、道着に入ってる文字にボカシが入ってましてそれが気になってしょうがないんですが……!(笑)

道着の文字がこのような扱いをされるような代物とも思えないんですが、一体何がマズかったんだろう…(^^;)

 

んで、そちら子供相手(!)の空手教室(!!)でのシーン(デモンストレーションありのサービスショットですよっ)が終わると自宅のシーンになるんですが、こちら、ストールをアフガン巻きにしてミリタリージャケットをお召しになったドルフ様がもう最強に格好いいので惚れ惚れします、ええ、スタイリストさんいいセレクトですよ…!

 

…が、しかし、ここから先ずっとこの衣装です(笑)

異世界行ってもずっとこの衣装、横になって女性に迫られてるときさえストールしたままお着替えなし(笑)。

予算は異世界コスチューム揃えるのに費やされてしまったんでしょうか…まぁ確かにファンタジーだからな、衣装大変だよな。

このお召し物がとりあえずとてもお似合いでしたので許しましょう…。

 

アクションシーンはたいしてなくてドルフ様も暴れ足りない作品ではないかと思うんですが、それにしたって何でこんなラノベもどきの作品に出演しているのか…

しかしなにが凄いって、異世界召喚されて実はこの世界の王位継承者だったのですとか言われて戦っちゃうドルフ様が50代半ばなんですから日本のラノベではありえない年齢でしょう…やはり筋肉は世界を(異世界も)救うのですよ…!

 

ちなみにドルフ様のファンタジー路線作品といえば、先日見た『アクアマン』はチョイ役なので置いとくとして、若い頃の『マスターズ/超空の覇者』という映画がありまして。

こちらは逆にドルフ様が元から異世界の人間なので全編半裸のコスプレです。若いマッチョバディがむっちむちです。

映画自体はB級感漂う代物ですが、小学生のいたいけなワタクシがドルフ様に一目惚れしマッチョ沼にはまり込むことになった最初の一本としてワタクシの映画鑑賞歴から外せない一本です…(笑)

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

 

攻殻機動隊自体は原作漫画は読んだことがないけどアニメは見てた…という程度の藍川です。正直話は理解できてません(爆)。

なんというかこう、哲学的な難しい部分がですね、頭使わないでいいエンタメ作品が好きなワタクシには微妙なところでして…。

実のところSFとかサイバーパンクとかも苦手ですしね。

 

…そんなわけで、ハリウッドの実写版攻殻機動隊。

 

実写なんてだいたい何やっても外すので(笑)期待せずに、日本のアニメとは別物としてながら見したのですが、全然期待してなかったので思ったよりよくできてました。

予備知識なしで見てもちょっとわかりにくい気がしますが、押井版をリスペクトしてるんだろうな〜という感じはしますし、映像的にはしっかり作り込まれてます。

なんで少佐がスカヨハなんだよアジア系じゃないのかよと物議を醸したキャスティングでしたが、一応アジア系じゃないのにも理由がつけられてるので無難にまとめてますね。

個人的にはスカヨハは大好きなので無問題です(笑)。黒髪より金髪の方が好きですが。

 

ツッコミどころはといえば、やはりたけしの荒巻ですかね…彼だけ日本語を話してるのはいいのかあれで…(^^;)しかも聞き取りにくくて、いっそ字幕をつけて欲しかった(爆)…字幕版で見るとき音量控えめにしてるしな、私…。

 

…まぁそんなわけで、あくまでも日本の攻殻機動隊とは別物として考えればそれほど悲惨な出来ってわけではない映画かなと思います。

別物として考えてしまうと実のところあまり興味のないジャンルなので、イマイチハマれないワタクシでございますが(^^;)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

作品に関してはもはや説明不要のコチラ。

私はリアルタイムにこれにハマった世代でもないのでさほど思い入れはないんですが、一応一通り見てはいます。

何しろ映画好きになった頃すでにこの映画の一作目(EP4)の誕生から20年近く経過してたので、公開当初どんだけ画期的な作品だったかというのはよくわからんのですわ…ぶっちゃけ20年経ってから見ると古臭い感じしかしなかったですしね(爆)。

で、そんな映画オタクになってきてた頃に4作目(EP1)からの3作が公開となったんですが…結論として、私はSFはイマイチハマれないんだな、ということがわかったというか、うん、どうもダメっぽかったんですね(^^;)

 

とはいえ、お馴染みのテーマソングとオープニングが流れるとやはりテンションは上がるんですよね、シリーズものというやつは(笑)!

 

さてさてそんなシリーズ7作目のコチラなわけですが。

結局睡魔と闘ってしまいましたねぇ…(^^;)字幕と吹替と2回もチャレンジしたんですが、結局意識が…う〜ん、なんというか、物語というかいろんなシーンがとても丁寧に作られてるというか、端折ってないなぁという感じで(ツッコミどころはあるんですがそれはさておき)、SF苦手さと相まって意識が…いやホントすみません(爆)

 

ヒロインもいい感じでしたし、BB-8も可愛かったですし、その辺の掴みはオッケーなので、作品自体はこの先に続くであろうEP8とか9を見ないと何とも言えない感じかなぁと思いました。これだけ見ても特に悪役カイロくんなんかどーしてこうなったんだか流れがわかんないのでちょいと色々唐突な感じでしたし…。ラストも「次回へ続く!」的な終わり方もしてますしね、次作を待ちましょう…。

 

しかし、ハン・ソロはじめ初期シリーズのメインキャラが歳をとって、同じ俳優・女優がそのまま演じているというのは凄いですね、なかなかないですよね。ハリポタくらいか。あれも足かけ10年くらいでしたが、SWは…30年とか40年くらいか?凄すぎる…!

ハリソン・フォードは年食っても格好いいですし(というかむしろ年取ってからが好きなオヤジスキー藍川・笑)、レイア姫のキャリー・フィッシャーは正直お歳を召された今作の方が美人だと思いました(苦笑)。

このあたりの出演者観るだけでも価値はあるかなと思いましたね〜。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』


『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

というわけでラストを鑑賞〜。
PART1観た時から…えっと、2ヶ月以上経っているので、ちょっと話を忘れかけてたんですが(爆)、元々完全理解せずに見ているので(オイ)前回の引きは思い出しました、ええ(^^;)

最終作は二部作に分けたので、それまでの作品みたいな詰め込みました感はないのですが、逆にゆったりして…観たのが風呂上がりの深夜だってせいもあってでしょうが、ついこう、意識が飛んで……(^^;)
延々アクションバトル繰り広げてるのに寝てしまうとは、そもそもバトルに興味がないってことでご容赦。
まぁ元々ハリポタファンというわけではないので、全作演じきった主役3人に敬意を表してそれで良しという感じです。ラストの19年後の彼らってのには少々無理があった気もしますが(どう見ても19年経ってるようには見えん!もうちょっと老けメイクとかできなかったのか…って、老ける歳でもないから難しかったのかー^^;)、ここだけ別の俳優さん使うのはもっと嫌ですしね。

お話については映画だけでは理解し切れてない部分もあるので(なにしろハマって見てたわけじゃないし意識飛んじゃったくらいなので^^;)、わからないところはウィキで補完をしておきます…(核爆)

で、今回一番楽しかったのはマギー・スミス(役名を覚えられない^^;)の活躍かなぁと(笑)。
児童文学らしく(?)ハッピーエンドでまとまっているので一安心という感じかな。

映画『ハリー・ポッター』6&7作目

さて引き続きハリポタ強化週間で(笑)


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

これもまた微妙に置いて行かれ感がするんですが…よくわからなくなってきましたよ(^^;)
え〜結構盛りだくさんで、衝撃の展開で続いちゃってるんですが…それよりなにより恋愛話が異様に笑えてしまうのはなぜだ(爆)
前回気になってたドラコ父はちゃんと捕まって(?)もやもやがすっきりしたんですが…。
あのお方も息絶えよの呪文食らってアッサリ、とか、なんか魔法(呪文)って言ったもん勝ちなのか?とか思ってみたり…(^^;)なんという急展開…。



『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』

いよいよ最終作〜(の前半)。
二作に分かれているせいか、これまでに比べるとやけにゆったりした展開(苦笑)。いや、丁寧に描いていると好意的に見てあげて…う〜ん、これはPART2見ないと評価しづらいトコですね。
どうも『不死鳥の騎士団』から私的には微妙な感じなんですが、そこからラストまで同じ監督なんですよね…この監督がイマイチなのか…?どうも盛り上げ方が下手というか、平板な展開で…。

完結編ってことで今までの伏線っぽいものもどんどん盛り込まれてるんでしょうが、初めの方を見事に忘れている私としては固有名詞がサッパリ分からなくて誰だっけ?何だっけ?…という状態に(^^;)
ウィキで補完しときます!(爆)
個人的にはビル・ナイの登場に萌えた(笑)。

そしてここまで来るとホントメインキャストも大きくなってるなぁ〜。一作目と比べるとホントにもう。
エマ・ワトソン(ハーマイオニー)がすっかり美人さんに成長して嬉しい限りv
ハリー君がヒゲとか胸毛とかちょっと気になる感じになってしまい(苦笑)…作中年齢は16歳の設定なのかしら?えっと…海外のお子様は老けてるってことでオールオッケー?(爆)
ハリポタのイメージは消えないでしょうが、なにかこう、子役でブレイクしてその後転落人生を歩むタイプとは3人とも違いそうなので一安心して(アメリカとイギリスの違いかしら…)、それぞれ今後も頑張っていただきたいですね〜。

…というわけで、PART2のDVDが出るのを待つぜっ!
話覚えていられるかしら(爆^^;)