映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』

 

キングスマンの2作目です〜。

1作目は面白かったので期待半分不安半分で見てみましたが(続編が面白かったことはあまりないので^^;)、やはり1作目の方が面白かった印象かな…というか、食後に見た私が行けないんでしょうが、睡魔に襲われて部分的に記憶が飛んでおります(爆)。

最近食後の寝落ちっぷりが凄まじいとはいえ、睡魔を吹き飛ばすほどではありませんでした…まぁなに見ても寝落ちする気はしますが(^^;)

 

マイケル・ケイン様が1作目で退場してしまったので、今作はオヤジスキー的にはイマイチ萌えなかったところもウィークポイントですねぇ(私的には・笑)。

同じく、1作目で退場と思われたコリン・ファースが生きてた時点でもう何でもありだなこの映画!感がいっそ潔いかと思います(笑)。

グロさは前作より控えめかな…と思いますが………でもミンチが…嗚呼…(遠い目)ポップにエグいもん描いてます、相変わらず(^^;)

 

ところで今回ジュリアン・ムーアが悪役なのは予告とか見て知ってましたが、ハル・ベリーまで出てるじゃありませんか…!

…な、何という無駄遣いをしとるんだ勿体ない…他にも無駄遣いな大物がちらほら…仕事選ぼうぜ!(爆)

あまり品のいい映画とも思えないので大物ベテランが無理して出るほどのもんじゃないよ…!

 

程々に楽しんですぐ内容忘れちゃう系の映画としてはそこそこ面白い気もしますが、いかんせん140分というのはちょいと長すぎかな…。

そういう系の映画なので前作からの設定色々忘れてしまってまして、ちょっとよくわからんところもありました…エグジーの彼女さんって前作も出たっけ?しかもなんかセレブっつーかロイヤルっつーかな??全然覚えてないぜ、復習してから見るべきだったか(苦笑)


映画『レディ・ガイ』

 

ロドリゲス姐さんVSシガニー・ウィ―バ―というなかなかに心躍るキャスティングで、予告編見て面白そうだったので気になってたやつです。

ちなみに予告編は→コチラです

 

この予告を見たら…コメディだと思いますよね!?

コメディだと期待してました…!

 

…だが違った!

 

……えぇぇ〜〜〜これコメディにしちゃった方がむしろ面白そうなんだけど、普通にリベンジものではないですかぁぁぁ〜〜

なんでこんなコメディなノリの予告編なの〜〜(^^;)

ブラックコメディってわけでもなさそうだし…やっぱ普通にリベンジものだよなぁ…。

 

そんなわけで色々微妙でした(爆)

 

殺し屋(男)がマッドな医者に復讐で女に全身整形されてしまうんですが…男の時もミシェル・ロドリゲスが演じてまして、いくら姐さんがマッチョだといってもさすがに体型が明らかに男じゃないので、ロングカットだと初めから女っぽいんですよ…

男パートはいっそ別の俳優さんがやるべきだったんじゃないですかね〜〜(^^;)

もうそれだけが気になって気になって……(苦笑)

 

ところでこれR15指定になってましたが、そんなマズいとこあったっけ…?そりゃまぁ裸は出てきますが絡みは規制付くほどじゃないと思うし、グロもそれほどじゃないと思うんだが…基準がわからんですねぇ…。


映画『ジョン・ウィック』

 

キアヌ・リーブスが久々に(?)飛ばしたヒット作ということで、期待して観てみましたが……

 

…いや〜こんなに中身のない映画久しぶりに見ましたわ(^^;)

 

キアヌ演じる伝説の殺し屋が愛車と愛犬の復讐のために殺して殺して殺しまくるだけの映画です。

まぁそういう復讐劇だとはあらすじでわかってましたが、ホンットにただそれだけの映画でしたね…あまりの殺しっぷりにもうお腹いっぱいで、中盤から意識飛んでました…

 

ワタクシ、映画はエンタメで楽しめりゃーいいという向きなので、翌日スカッと内容忘れてしまうような娯楽作とかは大好物なんですが、ここまで中身がないとさすがにキツい…

これ、そんなにヒットしたのか…??

なにがそんなにウケたのかよくわからない映画でした…しかも続編もできてますよね…こちらもあらすじ見た限りではこの1作目と同じような感じなので、もう見なくていいかなーと(^^;)


映画『バトル・ハザード』

 

せっかくgyaoでやってたので、一応ドルフ様作品だし〜…ということで見てみました。

まず申し上げますと、ワタクシそもそもゾンビ映画は嫌いです。だからこの映画、ドルフ様作品といえどもレンタルしようという気にもならなかったわけでして…。

 

だってさー。

 

何が楽しいのさ、ゾンビ映画。ゾンビ殺しまくる映画観てても全然スッキリできないのよ…あたしゃアクション映画は大好きで派手な爆発や激しいアクションシーンは大好きですけどね…VSゾンビとなると生存かけて殺し合う血みどろデスマッチで、まぁとにかくストーリーは何もないよね…。

 

そんなわけでこの映画も、まぁストーリーなんて気にせずとにかくドルフ様がゾンビを殺って殺って殺りまくるだけの映画といっても過言ではありません(爆)。

とりあえずエキストラ(ゾンビ)は結構揃えているなぁという印象で、まぁ次から次へと出るわ出るわのゾンビ攻撃、殺しまくるドルフ様…

 

……あかん、もう胸焼けしてきた、いっぱいいっぱいです

 

…と、脳が煮えてきたところに、今度は殺人ロボットまで登場です!オイ待てやあぁぁぁぁ!!!!

ギャクか、ギャグだったのかこの映画は!?もう笑っちゃいましたよ、この展開には…!

 

しかし、VSゾンビなドルフ様というのも初ですが、相棒がロボットというドルフ様まで見ることができようとは、ドルフ様ファンとしてはなかなかレアな作品ではないのか!?

ええ、ドルフ様鑑賞という観点においてはなかなかに満足できる作品なんですけどね…!

好みの髪の長さでしたし(笑)、地図読むときに老眼鏡をかけるというメガネ萌えポイントまで盛り込んでましたからね…!一体あの戦闘ルックのどこに老眼鏡持ち歩いてるんだよ!?

 

くっそ…カッコよ過ぎるんだよドルフ様あぁぁぁぁ…!!

ドルフ様カッコよさのあまりにしょーもない映画観ちゃったじゃないかあぁぁぁ!

 

そして今頃気づいたが、このタイトルはアレか、バイオハザードもじってんのか……B級臭ハンパねーことになってるじゃないか…いや実際B級なんだがな。

……そんなわけで、やはりゾンビ映画は見るもんじゃないな、と思った次第。ドルフ様のカッコ良さが罪なのよ……。


映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

 

シリーズ5作目!

元々このシリーズにそれほどハマってるわけではないので3作目が見てなかったりするんですが、4作目が結構面白かったので今回も期待して…

 

ひとまずオープニングの掴みはオッケー!なかなか引き込まれる幕開けです……が、その後ちょっと中だるみというか、睡魔と闘う羽目になってしまいました(^^;)

まぁ風呂上りのリラックスタイムに見た私がいけなかったのか、睡魔を吹き飛ばすほど面白くはなかったということか…。

 

とはいえ、オペラハウス筆頭にあちらこちら飛び回って舞台を変えてのアクション三昧、見ごたえはあります。

ただ肝心のストーリーが最初ちょっとよくわからなくて、観ていくうちにやっとあぁこういう話だったのね、と分かったという…、うん、眠かったんだね俺!(爆)さほど複雑な話でもないんですがね。

あちこち飛び回ってアクションしているせいか、ちょっと長尺かなぁとも感じました。色々盛りすぎたかな。

 

しかしシリーズも5作目となると、テーマソングが流れるだけでテンション上がりますし(笑)、べりっと変装を剥がすお馴染みのシーンも出るしで、十分楽しいです。

シリーズもののスパイ映画といえばなんといっても007ですが、あちらがリアル路線というか正直私には合わない路線になってきてるので、むしろミッションインポッシブルの方が娯楽路線で楽しめるシリーズになってるなぁと思いますね。

 

トム・クルーズも50代突入してまさかのアクション路線…!個人的には若い頃の「トム・クルーズ!」ってオーラがムンムンしてた頃より枯れてからの方が好きです(笑)。が、ちょっと今回は老けたなぁと思いましたね…すみません(^^;)

作中紅一点、敵か味方かわからない女スパイ役の女優さんも美人さんで、その辺もポイント高いですね!(笑)