映画『イコライザー』

 

これはストーリー紹介とか見ないで鑑賞した方が面白い映画かな。

主役のデンゼル・ワシントンが何者なのか謎なまま話が進むので、正体知らない方が楽しめる気がします。

…が、まぁ初めから知ってても大した問題じゃないですね、結局のところ敵をバッタバッタと倒すだけの映画です。

とりあえずデンゼル・ワシントンがかっこいー!

 

…しかしまぁ内容的には以前見たキアヌのジョン・ウィックみたいな感じなのでたいして中身はありません…私怨で敵を倒すか他者のためにするかの違いくらいで…どんでん返しも複雑なプロットもない話です。

続編もありますが、まぁこの流れなら1作で十分かなと思った次第。


映画『スティール・サンダー』

 

ヴァン・ダムとドルフ様の共演作とあっては、とりあえず見ないわけにはいきませんよね…!

…という理由で見たシロモノなのでハナからストーリーには期待しておりません(爆)。

 

極秘のテロリスト収容所である潜水艦が舞台とあっては一種の密室劇みたいなもんなので派手なドンパチはありませんし、なによりドルフ様の出番はちょこっとなんですよねえぇぇぇぇ...共演というよりヴァン・ダム主演作ですね。

冒頭にドルフ様持ってきといてから回想シーンを始める流れは悪くありませんが(初めに出てくれなかったら私はドルフ様不足でイライラしたことでしょう・笑)、何かイマイチ話が見えないまま進んでいくしカメラワークがガタガタしてて疲れるし、潜水艦内もなんかみんなドタバタしてる感があって盛り上がりに欠ける作品でした……。

 

それに何より残念だったのが吹替版です。

吹替えキャストさんが頑張ってらっしゃるのはわかりますが、やはりドルフ様=大塚明夫氏のイメージはがっつりしっかり刷り込まれている藍川なので、他の方では違和感しかありません…そしてヴァン・ダムは山寺さんで是非っっ

…このあたりにもB級感が漂ってしまい色々残念な仕上がりとなっております(苦笑)。

 

あと残念といえばパケ写のドルフ様がイマイチ写りがよくないというか、実物はもっともっと男前なんですけどおぉぉぉと地団駄踏んだ次第(笑)。

あ、作中は腕立て伏せしたりメガネかけてたりふざけて投げキスしてたりサービスショット(俺得www)はありますので、出番は少ないですがまぁ満足です。ちなみに今作ではドイツ人設定でしかもその設定が生かされる流れもなく、そんなところにも残念さが漂ってる作品ですね…。

 

まぁこの作品観るくらいなら、ヴァン・ダムはAmazonプライムオリジナルの『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』見る方がよっぽど面白いです、ていうかヴァンダムファン(当サイトに来る方にそんな方がいるか甚だ疑問ではありますがw)ならばこれは見た方がいいです、『その男ヴァン・ダム』系の作品ですから好みは分かれるかもですが。

 

…と、この作品自体は全然推せないのにレビューだけは色々語ってしまいました、まぁ主演ふたり(というかドルフ様はせいぜい助演だな)への愛ゆえということでお納めください(笑)


映画『カンフー・ヨガ』

 

レビューするの忘れてた…(苦笑)

予告編見て面白そうだったジャッキーの『カンフー・ヨガ』鑑賞〜。

しかし予告の方が面白かったですね…(爆)

結構眠くなってしまい、気付いたらまさかの大団円で終わっていて、ええぇ!???…ってなりました(^^;)

 

とりあえずヨガはあんまり関係ないような…踊って大団円なあたりがインド映画かよ!?って感じではありますが(笑)

まぁジャッキーが笑って動いてるだけで楽しいのでよしとしておきます…(ファン心理…)

 

でもってわりと毎度のことながら、共演の若手は綺麗どころが揃っているので画面的には華やかでよろしいかと。


映画『スキップ・トレース』

 

久々にジャッキーです。

っていうか、このところ結構ジャッキー映画色々出てますよね!?チェック漏れだらけですが(^^;)

 

ものすごく久しぶりに食後に眠くならずに見れた映画です(笑)、やはり私にはこの路線かーーーっ(判断基準www)

昔ほどのハードなアクションをしないにしても(御年60歳超ですからね…)、ジャッキーらしいわちゃわちゃしたアクションシーン(笑)はやはり楽しい…!好き…!

大陸横断でいきなり歌って踊ったり川下りしたりクリフハンガーしたりタイタニックしたりともう盛りだくさんです(笑)

 

監督はまさかのレニー・ハーリン、私的には微妙な映画もありましたが(爆)、ダイハード2、クリフハンガー、カットスロートアイランド等々アクション映画にはわりかし定評のある監督なので安心しながら見れるってもんです。

ジャッキーが監督してはいませんが、エンドロールではジャッキー映画お約束のNG集もあります(笑)

あと男性陣は地味っつーかイケメンもイケオジもあまり出てきませんが(笑)、女性陣はなかなか美人さん揃いで見ごたえがありました(笑)。

 

観てる間は楽しんで翌日には内容忘れる系の映画ですが(ポップコーンムービーですな)、私はそういうの大好物なんで楽しませていただきましたー。


映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』

 

キングスマンの2作目です〜。

1作目は面白かったので期待半分不安半分で見てみましたが(続編が面白かったことはあまりないので^^;)、やはり1作目の方が面白かった印象かな…というか、食後に見た私が行けないんでしょうが、睡魔に襲われて部分的に記憶が飛んでおります(爆)。

最近食後の寝落ちっぷりが凄まじいとはいえ、睡魔を吹き飛ばすほどではありませんでした…まぁなに見ても寝落ちする気はしますが(^^;)

 

マイケル・ケイン様が1作目で退場してしまったので、今作はオヤジスキー的にはイマイチ萌えなかったところもウィークポイントですねぇ(私的には・笑)。

同じく、1作目で退場と思われたコリン・ファースが生きてた時点でもう何でもありだなこの映画!感がいっそ潔いかと思います(笑)。

グロさは前作より控えめかな…と思いますが………でもミンチが…嗚呼…(遠い目)ポップにエグいもん描いてます、相変わらず(^^;)

 

ところで今回ジュリアン・ムーアが悪役なのは予告とか見て知ってましたが、ハル・ベリーまで出てるじゃありませんか…!

…な、何という無駄遣いをしとるんだ勿体ない…他にも無駄遣いな大物がちらほら…仕事選ぼうぜ!(爆)

あまり品のいい映画とも思えないので大物ベテランが無理して出るほどのもんじゃないよ…!

 

程々に楽しんですぐ内容忘れちゃう系の映画としてはそこそこ面白い気もしますが、いかんせん140分というのはちょいと長すぎかな…。

そういう系の映画なので前作からの設定色々忘れてしまってまして、ちょっとよくわからんところもありました…エグジーの彼女さんって前作も出たっけ?しかもなんかセレブっつーかロイヤルっつーかな??全然覚えてないぜ、復習してから見るべきだったか(苦笑)