氷の微笑(1992)

 

これまた昔見た映画の再鑑賞。

シャロン・ストーンの出世作、取調室でのノーパン脚組み替えシーンが有名なエロティックサスペンスです(その紹介…^^;)。

改めて見ると……ここまでエロいのも最近はあんまり見かけなくなった気がするんだがどうなんだろ…(あんまり最近映画見てないしな…)

が、個人的にはマイケル・ダグラスがあまり好きじゃないので、絡みシーンがイマイチ萌えませんでした(爆)。

 

脚組み換えシーンについてはホント体張ってるな〜って感じですが、シャロン・ストーンがむちむちぼいんなタイプじゃなくてクール系美女なのでいやらしさはあまり感じません。っていうかヘアなんて絵的にはそう美しいものでもないんだし…と女目線では思うわけで、取り調べする面々の生唾飲み込んでるような姿はむしろ笑えますね。

っていうか、もうとにかくね、シャロン・ストーンが美しすぎて惚れ惚れする映画なんですよね…!見所はそれだけです、私的には(笑)

今現在年食ってもお美しいですが、この映画から先数年の出演作が特に美しいのでもうそれだけで鑑賞に堪えられます。ワタクシのクール系美女好きの原点は間違いなくシャロン・ストーンです。

 

…と、シャロン様の美しさだけで語り明かしてしまいそうなので映画の内容に戻りますが(笑)

 

冒頭からエロいしグロいしという衝撃的なシーンで始まり、その後も音楽が不穏さを盛り上げて、微妙に後味悪い終わり方をして、映画としてはよくできてると思いますが、犯人とかは映画でわかる限りだとそうひねりもない感じかな…色々深読みすると見えてる通りの犯人で合ってるのか段々わからなくなってくるので、その辺深く考えずに美しいシャロン様だけを楽しむことにしておきます(笑)。

 

ちなみにマイケル・ダグラス演じる刑事については、魅力が全然感じられないキャラでして、まったく感情移入できません…(^^;)

すぐカッとするし、元カノ精神科医とのエロシーンなんてまるでレイプだし(服どうしてくれんのよ)、容疑者(シャロン・ストーン)と寝ちゃうし、このキャラ好きな女性はいないんじゃないか?って思うんですが。

そんなあたりからも、やはり見所はシャロン様だけってことを再確認してしまいました…(苦笑)

アウトブレイク(1995)

 

90年代は火山噴火だったり竜巻だったり地球に隕石が落ちてきたりといったディザスタームービー(災害映画)が色々ありましたが、これもまぁその一種ですかね…こちらはウイルスパニック映画です。

コロナ禍の今見るとリアルというか、なかなかに現実味のある映画です。

 

アフリカで発生した未知のウイルスがああやって、こうやって、アメリカに持ち込まれて(このへんもリアルというか、実際こんな風に無自覚に広めちゃうんだろうなって感じです)、拡散して、ウイルス変異してさらに拡散して、抗血清作って…と、流れとしては定石だと思いますが、適度にユーモアも入れつつダレない作りで、ハラハラと楽しませてくれる映画です。不謹慎かもですが(^^;)

 

…しかし、軍が細菌兵器用にウイルス保管してあったり、街ごと焼き払って封じ込めようとしたり、なんかリアルにありそうですねぇ…まぁヘリコプターで対決するような事態にはならんでしょうが(笑)。

この辺いきなりアクション映画なんですが、終盤の主人公の忙しさと来たらよく考えてみると凄いな!ウイルスの宿主探してあっち行ってこっち行って最後はヘリで爆撃阻止のため説得、街に戻って抗血清作成…いやホント忙しい…!(笑)

そんなテンポなので、眠くもならずに最後まで見てしまう映画ですね(だからその評価基準ww)

 

それにしても、改めて見てみるとすごい顔ぶれの映画ですなコレ。もうそれだけで画面から目が離せませんよ…(笑)

この手の映画に出てるのは珍しいダスティン・ホフマンが主人公で、元妻はレネ・ルッソ。

レネ・ルッソは最近あまり見ませんがこの頃好きでしたね〜〜。リーサル・ウェポンシリーズとか、ピアース・ブロスナンと共演したトーマス・クラウン・アフェアーが私的にはオススメ。

脇には中間管理職の苦悩が伺えるモーガン・フリーマン、『バックドラフト』ほど強烈じゃないけど悪役感たっぷりのドナルド・サザーランド、頼れる相棒ケヴィン・スペイシー、ちゃんと成長していく新入りくんのキューバ・グッティング・Jr…と、どのキャラもキャラが立ってます。

監督のウォルフガング・ペーターゼンは『ザ・シークレット・サービス』とか『エアフォース・ワン』とか『トロイ』とか撮ってまして、うん、なんか私結構見てるみたいですね(笑)。

この頃の映画は面白いなやっぱ、と再確認した次第。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017)

 

ジャッキー・チェンとピアース・ブロスナンの競演ということで、作品情報が聞こえてきたときから気になってたんですが、日本公開までに随分かかった気がしますねえ…マーケティング的には客が呼び込めそうな御大2人の顔合わせなんですが(苦笑)

ジャッキーがいつものジャッキーじゃない(!)のが災いしたのかもしれません。

 

さて本作、爆弾テロで娘を失ったジャッキーが復讐に奔走するお話ということで、ポップコーンムービー好きなワタクシには不向きなどう転んでも気が重い話だろうなあぁぁと思いつつも、この顔ぶれでは見ないわけにはいきませんからね……!

ジャッキー映画好き!ブロスナン様はオヤジスキー的には萌え萌えです!(笑)

 

しかしあらすじ通りとにかく重苦しい話なので、いつもの陽気なジャッキーらしさはまったくありません。皆無です。終始暗い表情です。ついでにおなじみのNGシーンもありません(笑)さすがにこの映画の最後にNGシーンが流れたら場違い感甚だしいですからね…!

 

サスペンス映画としてはなかなかよい出来と思いますが、ワタクシ不勉強なもので題材にしている政治的事情にあまり詳しくないので内容を把握するのにいささか苦労しました。人間関係というか内部事情というかがよくわからなくて…モブのおっさんたちが覚えられないし(爆)。そんなわけで中盤意識が飛びまくってしまい見直しましたよ…開始一時間くらいまでは結構のめり込んで見ていられたのにどうして集中力が途切れてしまうのか…もうこれはワタクシ老化のせいと諦めモードです…orz

 

さて一方ブロスナン様ですが(様付けかい・笑)。

久々にダンディ成分を少々チャージさせていただきましたが(笑)、副首相という役どころではイマイチ萌えませんねぇ私的には…しかしメガネのブロスナン様いただきましたー!ありがとうございます!

 

しかしこうして見ると主演ふたりとも少々いつもとは毛色の違う役柄といった感じなので、今度は「いかにも」な役を演じている王道な作品を見たいかなと思った次第(できればポップコーンなエンタメ映画で・笑)。

オーシャンズ8(2018)

まぁこの顔ぶれだったら見るしかないよね…!(笑)

オーシャンズシリーズは確か1作目(オーシャンズ11)しか見てない上にもう内容覚えてないんだが、見てなくてもこの作品楽しめます。

本作のサンドラ・ブロックがG・クルーニーが演じたダニーの妹という設定で、しかもダニーは亡くなってるって話になってるんだが、オーシャンズ12とか13でそんな展開になったのか…?まぁそのうち機会があったら見ておこう…(^^;)

オーシャンズ11のとき「犯罪ドリームチーム」なんてキャッチコピーでしたが、この作品も豪華です!

っていうか、女性チームだから華やかでいいですね…ドレスとか諸々目の保養になりました。

 

とりあえずこのブログ記事のジャンル的にはサスペンスにしてますが、結構コメディタッチでこれぞエンターテイメントという感じのワタクシの大好物でございます(笑)

こんなに都合よくいくか―!?とか思っちゃう展開だったりもしますが、まぁその辺は目を瞑って楽しんだもん勝ちですね。

2時間弱のコンパクトさなのでテンポもよく、残酷シーンもクソキャラ(爆)もいないので万人がスカッと楽しめる作品ではないかと思います。

2時間ワーーーっと楽しんで翌日忘れちゃう系の映画ですが、ええ、ワタクシエンタメはかくあるべしと思ってますので無問題です(※褒めてます)

ELLE(2016)

 

評判よさげだったので気になって鑑賞〜。

しかしなんというか……よくわからん映画でした(爆)。

130分くらいの映画を眠らず観れたんでその辺は評価したいところですが(基準がそれかい)、誰にも感情移入できない、ぶっちゃけ変態ばっかり出てくる映画ですね(苦笑)。

 

主役のイザベル・ユペールは知的でお綺麗なんですがそれなりのお歳ですし、作中孫が生まれる設定なわけだからやはりそういう年齢設定の女性なんでしょうが、そんな老齢に差し掛かった女性がレイプされたり不倫したり寝取ったり誘惑したりってのを見ていると、正直、フランス人はお盛んですね!っていう感想しか出てこんというか…(爆)

まぁホント変態ばかりでどーしたらいいのやら…って映画です。老いも若きも男も女もみんなおかしい(^^;)

 

主人公の父親の事件もどうもスッキリしないし、色々深読みするべきなのかな、とか思ってしまうわけでして…う〜ん、やはり私にはポップコーンムービーが向いてるってことですね!わかってたけど!(爆)