<< 映画『ぼくのエリ 200歳の少女』 | main | 映画『ブーリン家の姉妹』 >>

映画『ラブ・アクチュアリー』


『ラブ・アクチュアリー』

2003年の映画…と、かな〜り前の作品なんですが初鑑賞です。
昔から気になってたんですがなんとなく機会を逃したままずるずる来てしまって(^^;)…ちょうど近所にレンタル店ができて、旧作50円!な〜んてやってたのでこの機会に借りてきました。

この手のジャンルのものは基本的に私向きではないので(群像劇もそれほど好きなわけじゃないですしね)この通り後回しにした挙句2011年まで放置されてしまったんですが(苦笑)、最近のオイラはかなり色々弱ってるのでこういう作品がむしろ沁みました。
結構そんな馬鹿なーってな都合のいい展開もあるんですが、それすらも微笑ましくてほこほこした気分になれます。
イギリス映画のほんわかしたのは結構いいなぁ〜。
ちょっと凹んだ時にはちょっと元気が貰えそうな作品なんじゃないでしょうか?

そして何気にイギリス俳優豪華大出演…!
ピンで主役張れる人たちがゾロゾロ出てるのだが、群像劇なのでじっくり描かれずチラホラって感じなんですよね〜なんと贅沢な使い方…!
ヒュー・グラントにエマ・トンプソン、コリン・ファース、キーラ・ナイトレイ…ミスター・ビーンの人も出てる!オヤジスキー的には落ちぶれロックスターのビル・ナイとまだアクションまみれになってない(最近なぜかアクションモノばっか見たので・笑)リーアム・ニーソンと若い子に言い寄られてるアラン・リックマン…ともうなんかよりどりみどりじゃないですか!(笑)
ビリー・ボブ・ソーントンとかも出てるしな!ローラ・リニーがこれまで見た作品の影響でどうも苦手だったんだけど、この作品でちょっと見る目変わったわ!

これだけの大物がそれぞれ別のエピソードを演じるわけだからそりゃもうよくこの時間でおさめたなぁという感じ…正直、ちょっと脇のエピ削ってこの人たちをもっと描いてもよかったんじゃないかと思うわ。
ポルノ俳優とか(このエピは嫌いではないんですが)、アメリカにナンパしに行った男の子の部分とか…。

で、何より驚いたのはヒュー・グラントとエマ・トンプソンの関係が兄妹設定、だってトコでして…えぇぇ姉弟なら納得できるんだけど、兄妹…!?
実年齢は二つくらいエマ・トンプソンの方が上なのか…えぇぇ、もっと結構上なんだと思ってた…すみませんっっ!っつーか、ヒュー・グラントが驚異の若さなんだこれは…!この路線(ロマ・コメ路線)の俳優さんってあんまり年取らないよね(笑)。おかげで首相とか言われても違和感が…!(^^;)

そんなわけで、見るときの気分によるでしょうが、今の自分にはちょうどいい栄養剤になった映画でございました〜。

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM