<< 映画『バッド・ティーチャー』 | main | 映画『忍たま乱太郎』 >>

映画『るろうに剣心』



実家で録画しておいた貰ったんで(笑)ようやく鑑賞〜。
私は漫画もアニメもどっぷりハマった世代なわけですが、まぁそこと突き合わせていくと言いたいことは山ほど出てきそうなので(苦笑)あくまでも一本の映画として評価を下そうと思いますが…

漫画・アニメをよく知らずに見たウチの妹と母は口を揃えて話がわからないと言っていたんですが…まぁ確かにこれだけ詰め込んでしまうとわからんよな…(^^;)
原作のエピソードをいくつかまとめてぶち込んであるのですが、もうちょっと絞ってじっくり一つの話を描けばよかったんじゃないかと思います。
観柳邸(香川さんの弾けた演技はギャグかと思いました…笑)が片付いたかと思えばいきなりVS刀衛の場面になったりとか、こうぽんぽん変わられては確かに何の話だったかよくわかりません。
左之助もいつの間にか仲間になっちゃってるし、「え!?え!!??」という感じ。
山県さんどころか斎藤一さえもストーリー上必要性をあまり感じないし…う〜ん…。

原作も相当長いので正直初期の話は忘れかけている藍川でして…刀衛って映画化するような重要キャラだっけ?というのが映画のストーリー聞いた時の初めの印象だったし(苦笑)、観柳に至っては「恵さん登場編」という位置づけにおいてのみ必要な俗物というか小物の印象(そういう感じは部下も含めてギャグっぽい香川さんがしっかり醸し出しておりましたが…)。綾野剛くんとかのあたりの役柄は映画オリジナルだと思うんですが、あれ、必要か…?

辛口評価で申し訳ありませんが、殺陣のシーンだけが印象に残って他は何も残らない作品。
一言でいうと「詰め込み過ぎ」。
やはり長編作品の一部分を切り取って一本の作品にするというのは難しいですね…どうしてもこう、ダイジェスト版、みたいな感じになってしまうな…。

続編も二作に渡って作られるそうですが…今度はこれまた原作でも長い志々雄のエピソードだし、この辺りは延々と繰り広げられたジャンプ漫画のお約束展開(対戦方式^^;)を上手いこと端折っていい映画にしていただきたいですね。アレ端折らないと映画2本じゃ終わんないよ(爆)
しかし本作でちらっと出してしまった剣心の十字傷のエピソード、続編があるなら取っておくべきだった気がしますね(あれも唐突に突っ込まれて勿体ない使い方してましたからね…^^;)

キャスティングについては色々と物申したいことはありますが(苦笑)、とりあえず主役の佐藤くんは可愛くて(爆)なかなか良いんじゃないかと思いました。(すみません、オヤジスキーが評価すると格好いいというより可愛いになってしまいますよ…笑)
ただ…実写でやられると違和感あるなぁ、あのござる口調…(^^;)

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM