<< 執事のバウムクーヘン | main | 映画『スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち』 >>

映画『マキシマム・ブロウ』



もはや何も言わなくてもお分かりでしょうが、ドルフ・ラングレン見たさに借りただけの一作でございます(笑)。
パケ写かっちょえぇ〜〜!(嬉々)

パケ写で並んでるスキンヘッドの方は『エクスペンダブルズ』1作目でも共演していたスティーブ・オースティンですが(悪役なので1作目だけの登場です)、なんてこったい、彼の方が主役です。
正直、ドルフ様を向こうに回して主役を張るにはちょっと厳しいのではないかという気がしますが…最近のドルフ様は脇で美味しいところさらっていく役が多いですね。

そんなわけで『マキシマム・ブロウ』ですが……

いやぁ、これはちょっと前に見た『ダブル・トリガー』とタメ張るくらいにトホホだわ…なんといっても、しょっぱなから睡魔に襲われた(爆)。
本編が始まるまでの予告編集がですね、この作品の路線に見合ったものばかりなので(B級どころじゃないアクション映画とか…皆まで言わすな!笑)、予告編の段階ですでに眠くなってきてですね……オープニングですでに意識が飛びかけ、ドルフ様の出番もしばらくしてからなのでもうホント堪え切れず……(爆)

ドルフ様の役柄自体は『ダブル・トリガー』よりキレキレでいいですね。あっちの暗い画面と違って、こちらの作品はちゃんと明るいですし(笑)。
とくに拷問シーンでキッチンでエプロンして登場とか、もう悶え死ぬかと思いました私…!!(言い間違いではありません、キッチンでエプロンして、拷問です。ハイ。)
ドルフ様のエプロン姿とかどんなご褒美ですか、ありがとうありがとう、貴重な作品でございます…!

…と、まぁドルフ様萌えのワタクシとしては楽しめるシーンもあるこたぁあるんですが、映画自体は睡魔をこらえるのが大変なシロモノでしたので、どう頑張ってもお勧めできませんね…(^^;)
そもそも話ももうよく覚えちゃいねぇ!(オイ)

…まぁドルフ様の映画がオススメできないのはいつものことなので、今更どうこう言いません、私はドルフ様が拝めればそれでいいのです……!

例によって例の如く、萌えだけで何の参考にもならないレビューをお送りしましたー!(爆)

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM