<< 映画『モネ・ゲーム』 | main | 映画『ライジング・ドラゴン』 >>

映画『ラストスタンド』




さぁ2014年鑑賞一作目は愛するシュワちゃんの復帰第一作ですよ!

エクスペンダブルズにチョイ役(?)として出演はしていたものの、州知事後メインを張るのはこれが一作目…!ということで、もうそれだけがクローズアップされるだけの作品なんだろうなぁとあまり期待せずに見たんですが(※藍川はシュワちゃんの大ファンです。ドルフ様と甲乙つけがたいくらいです。しかし愛と作品の出来は別物です・爆)、これが思いのほか面白かった!
しかも監督が藍川的にはグダグダなアジアン西部劇として記憶している『グッド・バッド・ウィアード』の人だというからもう本気で期待してなくて、シュワちゃんへの愛だけでレンタルしてきたようなものなんですが(爆)、いやホント、案外面白かったんですよ…!

まぁ、話の内容なんてどーでもいいようなアクション映画なんですけどね…!(※褒め言葉)

国境突破しようとする凶悪犯を阻止する田舎町の老保安官(元都会のエリート)と仲間たち(田舎町ゆえ実戦経験はほぼなし)のお話。
いい意味で老いをネタにしたシュワちゃんが人間臭くていい感じで、他の保安官や町の人々もちょっと笑わせてくれたりといい味を出してまして、ストーリー的にはまぁツッコミどころもある感じですが(凶悪犯と軍隊並みの部下たち相手にこんな無策でいいのか!?とか・笑)そのあたりは許してもいいかなという気になります(笑)。

凶悪犯を追うFBIのチーフがなぜここにこんな演技派を!?なフォレスト・ウィテカーだったり、女優陣が名前は知らないんですがなかなか美女揃いだったり、ラテン系のイケメンっぽいのが出てるなぁと思ったらロドリゴ・サントロだったり(シャネルのCMでニコール・キッドマンと共演してたおにーちゃんですね。ラブ・アクチュアリーとかにも出てたな)、顔ぶれ的にもなかなか隙のない構え(笑)。

話は深いとこなんてなんもないし、派手なCGやハイテク武器もなくどこか古臭さも感じさせるアクション映画なんですが、その辺が気にならない人間(つまりはシュワちゃんの復帰を喜んでる世代・笑)にはなかなかの佳作です。

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM