<< 映画『大脱出』 | main | 映画『マラヴィータ』 >>

映画『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』


キック・アスの二作目です〜。
前作同様R15かな…うん、よろしくない単語とかお下劣なシーンとかグロいシーンとかまぁそんなのが続々と出ますからね!
お子様は見てはいけません。

で、二作目なのですが…う〜ん、なんというか微妙でした…(^^;)
そもそも1作目も内容的にはどうでもよくて(爆)、ヒットガールに萌えまくった点とこんな映画に出たニコラス・ケイジのオタクさに拍手喝采だったんですが、そのあたりをマイナスしていくとあまり趣味のよろしくない映画ですからねぇ…(爆)

本作でももちろんヒット・ガールは出てきますが、相変わらずクロエちゃんはかわゆいんですが、高校生になった分一作目のロリっぽさがちょっとなくなってトーンダウンというか(それでもあちらの高校生的には童顔だとは思いますが。ゆえに化粧バリバリとやられると違和感)、それ言ったらおまえいつからロリ好きになったんだとセルフツッコミ。いや、一作目のツインテ制服姿が凶悪に可愛すぎたのよ…!!(力説)

一作目に比べて肝心の主人公が頑張ってる感はあるんですが、その代償がコメディにしては重すぎて、おバカ見るつもりで見てるとがっくりきます…(^^;)
…そんなわけで、1作目ほどの衝撃はない感じでした。

それにしても、最近顔が変わったなぁと思うジム・キャリーが全然笑いを取らずに退場してしまったり、ジョン・レグイザモがあんまりにあんまりな扱いだったりとベテラン(と言っていいよね)俳優陣がすごい使われ方してますね…(^^;)

とりあえずこの映画、ジャンルはコメディになるのか…?全然笑えないし、違うよな…?アクション映画??カテゴライズが難しいですな…。

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM