<< 映画『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』 | main | 映画『藁の楯』 >>

映画『マラヴィータ』


証人保護プログラムで逃げ隠れる生活を送る元マフィアのボスの一家が巻き起こす騒動を描くブラックコメディ…かな?
とりあえずこの前のスレのキック・アスより笑えました。

デ・ニーロが元マフィアのボスで、そんな生活しながらもキレやすくて気に入らない奴をボコッたり(もしくはそれ以上^^;)しちゃってるんですが、ヤバいのはこの人だけじゃなく、妻も子供たちもヤバいところが笑えましたね…それでいて家族円満というか、こんなある種の逃亡生活なのに困った親父に反発するでもなく結構一家団結してるところが微笑ましくさえあります。
とくに娘役のお嬢さんがいかにもアメリカンな美少女という感じなんですが、そこから繰り出される荒っぽい行為がもう素敵なギャップ萌え的な(笑)。
妻役のミシェル・ファイファーもさすがにお年を召されましたが、それでいてキュートですからねぇ…さすが元祖キャットウーマン、美魔女かくあるべし(笑)。

この主人公一家を監視というか保護というかしてるFBIの面々もなかなか味があって、トミー・リー・ジョーンズは相変わらずの渋さでたまらんし(笑)、その部下二名はMファイファーの手料理に舌鼓打ってたり、娘の失恋電話を聞きながら相手の男に憤っていたりとなかなかナイスです(ゆえにあっけないラストが残念…っ)

制作にマーティン・スコセッシが関わっているからか、作中にデニーロが『グットフェローズ』を見て討論するなんてくだりがあって噴きましたwww
よりによって元マフィアにコレを振るのか!(笑)

終盤の銃撃戦がむしろちょっと大雑把というか、すべて吹っ飛ばしてオシマイという感じで少々荒っぽさを感じるのですが(巻き込まれてしまった町の人々は不憫ですねぇ…^^;)、すげぇ傑作!!というものではありませんが全体的になかなか面白かったです。
食後に見てても眠くならずに最後まで見れましたしね!(笑)
まぁ翌日には忘れる系のポップコーンムービーではありますが、エンタメ的には正しい姿です!(※毎度のことながら、褒めてます)

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM