<< 映画『SPY/スパイ』 | main | 映画『キャロル』 >>

映画『セッション』

 

ドラマーと鬼教師の鬼気迫るレッスンを描いた話題作。

藍川的に知らない出演者ばかりでとっつきにくかったんですが、100円レンタルだったことと音楽ネタということで借りて観ました〜。

 

なんというか、最後の演奏で全部チャラにしちゃうけど、あんまり気分のいい映画じゃないんですよね…(^^;)

私自身学生時代吹奏楽部で打楽器やってたんですが…この教師はイヤだ(苦笑)。これじゃ鬱になるわ…。

しかしこのくらいのレベルについていかなければ一流になれないんだろうなぁという気はしますし、ある意味一流の人間というのはどっか振り切れてイカれてるんだろうなぁとも思います。

この主人公も全く感情移入できないんですよねー。ハタから見たら迷惑すぎる…事故って血まみれなのに演奏するとか(当然ちゃんと演奏できない)、彼女バッサリ切り捨てるとか(一矢報いてくれてスカッとしましたが・笑)、果てはステージで勝手に周り巻き込んで演奏とか、巻き込まれる方はたまったもんじゃないし、観客もポカーンじゃないのかこれは、最終的にいい演奏で拍手喝采だとしても。

和を尊ぶ日本人精神からするとアウトなんだが、海外で成功するのはこういうタイプなのかなぁ〜とは思いますねえ…どいつも自己中すぎて関わりたくないタイプですが…(^^;)

 

まぁそんなわけで、映画としてはよくできてますが(眠くならなかったしね!判断基準そこかよ!)、お話的には楽しい作品でもないです。

狂気の師弟対決が見たい方はどうぞー☆(どんなオススメだ^^;)


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM