<< 映画『セッション』 | main | 映画『バトル・ハザード』 >>

映画『キャロル』

 

ケイト・ブランシェットは好きなのでチェックしてます…ということで、あまり私向きではない話だとは思ったのですが鑑賞。

ドラマというかラブストーリー寄りかな…

 

え〜少々ネタバレ感想になりますが…

 

予告編は見ていたので女性同士ラブストーリーであることは承知の上だったんですが…もっとこうふんわりした感じかと思いきや結構ガッツリだった(え〜ぶっちゃけ一線超えるとは思ってなかった^^;)(同性愛でも異性愛でもフィジカルな欲求は切り離せないもんなんですかねぇ…)

メインお二人の女優魂に感服しました(爆)。

 

映画としてはなかなか完成度が高くて、画が美しく、50年代の雰囲気がばっちり出ている感じです。

そこにケイト・ブランシェットをはめ込むと品のある美しさが際立って、そりゃもうルーニー・マーラ演じるテレーズが一目惚れしてもしょうがないよ、というオーラが溢れております(笑)。

コレ、現代が舞台だったらもっと下世話な感じになってしまったんでしょうが、舞台設定と女優さんのおかげでもの凄く上品な映画になってます。

 

えっこれで終わり!?…という終わり方で少々びっくりしたんですが、余韻のある終わり方であとからじわじわ効いてきます(笑)。

とりあえず美しいものを見たなーという気分になる映画です(笑)。

 

まぁワタクシ向きの路線の映画ではないので少々眠気と戦いましたがね…(爆)


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM