<< 映画『バトル・ハザード』 | main | 映画『マリアンヌ』 >>

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

 

攻殻機動隊自体は原作漫画は読んだことがないけどアニメは見てた…という程度の藍川です。正直話は理解できてません(爆)。

なんというかこう、哲学的な難しい部分がですね、頭使わないでいいエンタメ作品が好きなワタクシには微妙なところでして…。

実のところSFとかサイバーパンクとかも苦手ですしね。

 

…そんなわけで、ハリウッドの実写版攻殻機動隊。

 

実写なんてだいたい何やっても外すので(笑)期待せずに、日本のアニメとは別物としてながら見したのですが、全然期待してなかったので思ったよりよくできてました。

予備知識なしで見てもちょっとわかりにくい気がしますが、押井版をリスペクトしてるんだろうな〜という感じはしますし、映像的にはしっかり作り込まれてます。

なんで少佐がスカヨハなんだよアジア系じゃないのかよと物議を醸したキャスティングでしたが、一応アジア系じゃないのにも理由がつけられてるので無難にまとめてますね。

個人的にはスカヨハは大好きなので無問題です(笑)。黒髪より金髪の方が好きですが。

 

ツッコミどころはといえば、やはりたけしの荒巻ですかね…彼だけ日本語を話してるのはいいのかあれで…(^^;)しかも聞き取りにくくて、いっそ字幕をつけて欲しかった(爆)…字幕版で見るとき音量控えめにしてるしな、私…。

 

…まぁそんなわけで、あくまでも日本の攻殻機動隊とは別物として考えればそれほど悲惨な出来ってわけではない映画かなと思います。

別物として考えてしまうと実のところあまり興味のないジャンルなので、イマイチハマれないワタクシでございますが(^^;)


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM