<< 映画『クローサー』 | main | 映画『スルース【探偵】』 >>

まとめて読書レビュー

さて続けて今度は読書レビュー。

もう溜め込みすぎてあれこれ取りこぼしそうですが、とりあえず小説から…。



 

『犯人に告ぐ(上・下)/雫井脩介』



というわけで読みましたー。

豊川悦司主演で映画化された作品です。

映像よりも原作読む派なので映画は見てないんですが、この主人公をトヨエツがやるなら見てみたいと思いました。結構好きですよ、トヨエツ。

文庫上下巻ですがサクサク読めます。続きが気になります。いい奴悪い奴入り乱れで人情風味もしつつ、ちょっと非現実的な「劇場型捜査」が進められ…犯人逮捕は割とあっけない感じなんですが、面白かったですー。

なんだろな、横山秀夫とか好きな人なら、これもいけそうかな?そこまで硬派ではないかな。



なにより、この作品の作者と「クローズド・ノート」の作者が一緒だとはビックリしました。読んでも見てもないけど(だってどう考えても私が読む路線ではないよ、クローズド〜は^^;)。

どういう引き出し持ってんですかこの人…!?





『密室殺人ゲーム王手飛車取り/歌野晶午』



なんじゃこりゃ?というタイトルの通り、なんじゃこりゃ?な作品です。

AVチャット仲間5人が殺人事件の推理ゲームを繰り広げるんですが、なんと「出題者=犯人」。

推理ゲームのためにトリックなどを駆使して殺人を犯し、他の仲間たちに謎を解かせるというとんでもない話なのです…が、今の世の中こんなのもアリかもね〜とか思っちゃう恐ろしさ(^^;)。

短編で進むんですが、話はちゃんと繋がって怒涛のラストへ…!

歌野さん作品、結構仕掛けがあって面白いんですが、さすがに不謹慎ですよこれ…!(^^;)





『夜の展覧会/茅田砂胡』



クラッシュ・ブレイズシリーズの…何作目だ?多分一冊飛ばして読んじゃいましたが、話は繋がってなさそうだからヨシ(爆)。

もう惰性で読んでるので何も申し上げませんが(爆)、まぁ気楽に読めるので時間つぶしにはよいかと…。

今回は珍しくアーサー・ヴァレンタイン卿が大活躍(?)だしね!



続いて漫画〜☆

他にも色々出てますが、昨日買いたてのホヤホヤ(笑)なのでこれだけ…。





『天空聖龍〜イノセント・ドラゴン〜(6)/山口美由紀』



6巻〜☆

や〜今回はいい展開でしたっ!

迫ってはフラれ迫ってはフラれのヘタレ悪役サニン様がいい感じっ!(核爆)

私基本的に悪役は嫌いなんですが、このヘタレっぷりには萌えます(大笑)。可愛い奴め…!!

ダオさんもますます傷を増やしていい感じ…!(ドSだな自分!笑)

それにしてもナムが〜〜っっ(号泣)

…あれ?ラムカさんはどうでもいいの?(笑)



以上っ、まとめてレビューでした☆

コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM