<< 映画『最高の人生の見つけ方』 | main | 映画『イコライザー』 >>

映画『スティール・サンダー』

 

ヴァン・ダムとドルフ様の共演作とあっては、とりあえず見ないわけにはいきませんよね…!

…という理由で見たシロモノなのでハナからストーリーには期待しておりません(爆)。

 

極秘のテロリスト収容所である潜水艦が舞台とあっては一種の密室劇みたいなもんなので派手なドンパチはありませんし、なによりドルフ様の出番はちょこっとなんですよねえぇぇぇぇ...共演というよりヴァン・ダム主演作ですね。

冒頭にドルフ様持ってきといてから回想シーンを始める流れは悪くありませんが(初めに出てくれなかったら私はドルフ様不足でイライラしたことでしょう・笑)、何かイマイチ話が見えないまま進んでいくしカメラワークがガタガタしてて疲れるし、潜水艦内もなんかみんなドタバタしてる感があって盛り上がりに欠ける作品でした……。

 

それに何より残念だったのが吹替版です。

吹替えキャストさんが頑張ってらっしゃるのはわかりますが、やはりドルフ様=大塚明夫氏のイメージはがっつりしっかり刷り込まれている藍川なので、他の方では違和感しかありません…そしてヴァン・ダムは山寺さんで是非っっ

…このあたりにもB級感が漂ってしまい色々残念な仕上がりとなっております(苦笑)。

 

あと残念といえばパケ写のドルフ様がイマイチ写りがよくないというか、実物はもっともっと男前なんですけどおぉぉぉと地団駄踏んだ次第(笑)。

あ、作中は腕立て伏せしたりメガネかけてたりふざけて投げキスしてたりサービスショット(俺得www)はありますので、出番は少ないですがまぁ満足です。ちなみに今作ではドイツ人設定でしかもその設定が生かされる流れもなく、そんなところにも残念さが漂ってる作品ですね…。

 

まぁこの作品観るくらいなら、ヴァン・ダムはAmazonプライムオリジナルの『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』見る方がよっぽど面白いです、ていうかヴァンダムファン(当サイトに来る方にそんな方がいるか甚だ疑問ではありますがw)ならばこれは見た方がいいです、『その男ヴァン・ダム』系の作品ですから好みは分かれるかもですが。

 

…と、この作品自体は全然推せないのにレビューだけは色々語ってしまいました、まぁ主演ふたり(というかドルフ様はせいぜい助演だな)への愛ゆえということでお納めください(笑)


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM