<< 映画『今夜、ロマンス劇場で』 | main | 映画『ラストベガス』 >>

映画『イニシエーション・ラブ』

 

原作は未読です。

映画公開時にどんでん返しがあるって評判だったし、このパッケージみても最後の五分ですべて覆るとか謳ってるんで、ミステリ好きとしては気になってたわけですが、Gyaoでやってたのでようやく見ました。

 

若干ネタバレな感想かと思うので、これから見る予定の方は回れ右でどうぞ!

 

さて。

 

色々とヒントになる部分が引っかかりながら見てたんですが、それでも最後の5分にはあーーーっってなりました(笑)。

種明かしは懇切丁寧に最後解説してくれるので二回見ようとまでは思いませんが、この解説部分があるから余計に前田敦子ちゃん演じるヒロインの印象がひっくり返りました…ちゃんと時系列で並べて追ってみるとヒロインの強かさが際立つわww

いやぁこれ、松田翔太演じる鈴木最低!…って思いながら見てるのに、結局どいつもこいつも最低だったわ(大笑)、応援したいのは夕樹くんくらいだよ…

自分が浮気してんのに彼女はしてるわけないって思ってたんだな〜と思うと鈴木君が哀れっつーか、ヒロイン強かぶりっこだわ〜〜と結構爽快(笑)。

鈴木君は彼女の名前呼び間違えて浮気がバレるけど、ヒロインは同じ呼び名をあだ名にしちゃうんだから一枚上手ですよ(笑)。そうなるとあの胡散臭いぶりっ子ぶり(笑)も空恐ろしいというもの…いやなかなか面白かった。

 

どんでん返しがウリとはいえベースは青春モノっぽい感じですね。80年代バブル期が舞台ということで若い人にはわかんない世界観だろうな〜男女7人〜とかSHOW MEとか懐かしい〜(とはいえ私は当時子供だったからそんなに実感はないんですけどね)

 


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM