<< オーシャンズ8(2018) | main | マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015) >>

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)

 

シリーズ6作目。

一応これだけでも話はわかりますが、前作を予習した方がいい感じかな…

 

ワタクシ前作もそこそこ楽しんだのですが、なにしろこの手のポップコーンムービーはそのとき楽しんで内容は忘れてしまうので、前作から引き続き出てる悪役キャラとか忘れてましてね…(^^;)

 

まぁそれでも問題はありません、なにしろこちらの作品、冒頭にミッション内容が語られますので(そしてお約束の自動消滅!)、話としては非常にわかりやすい(笑)

「あれ?これどういう話になってんの??」と悩むことはありません。

っていうか、話はもうどうでもいいっていうか、とにかくひたすらアクション。

アクション三昧です。

80・90年代を彷彿とさせる体張ったアクションの連続です。

ハラハラドキドキてんこ盛りです。

っつーかそれしかない映画です。最高です(笑)

エンタメ映画の正しい姿です。

 

というわけで、やっぱり翌日内容忘れてしまう系の作品ですが、テンション爆上りなので無問題です…!

ただちょっと長尺だったので(148分)もうちょいスリムにしてくれたらなって感じではありました。

 

それにしてもトム・クルーズすげぇよ、ホントよくやるよ…!(感服)

しかし本作でアレック・ボールドウィンが退場してしまったので、次からどうなるんだろう…っていうかまだ続くのかな…?

個人的には、007が硬派になってしまったのでこちらのシリーズにはエンタメ街道を突き進んでいただきたいと思ってるわけですが…!

コメント
コメントする