<< 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 | main | 映画『ハンナ』 >>

映画『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

 

実話ベースの映画は苦手なのでその辺微妙なんですが、とりあえずこれが実話っていうことに驚き…超音痴な歌手の話です。

超音痴だけどまっすぐ音楽を愛したマダム…彼女の歌手になるという夢のために奔走する夫の愛情、そして彼女を愛する友人知人たち…と、いい面を見ればまぁ綺麗にまとまるのかもしれませんが……

 

これはなんというか……正直イタい(爆)。

自分が音痴だと全く気付いてないし(それどころか才能溢れてると思ってる)周りも教えてくれない裸の王様状態で、信奉者だけを相手に歌ってるなら暖かく拍手してもらえるが、そうじゃない人達は笑いをこらえるのに必死になって客席にいるわけですよ…っていうか爆笑してヤジ飛ばしたり。そのシーンでイイ感じの救いの手も入るわけですが、そもそもこうなることは容易に想像できたわけで、現実(超絶音痴)を見せずに舞台に立たせたのもそれがマダムの夢とはいえどうかと思うんですよ…自分がこれやられたら恥ずか死ぬわ。

いやもうマダムが幸せならそれでいいのかもしれませんが…新聞で酷評する記者がマダムの夫に「あなたは彼女をおだてて恥をかかせたし、音楽への冒涜だ」という発言をするんですが、まさに同感です。

あと、舞台衣装も凄いんです(遠い目)…これはマジなのかコメディなのか、笑っていいのかホント悩む感じです…(爆)

 

さてそんなマダムをメリル・ストリープが演じてるわけですが、コレ、歌ってるのも本人なのかな…メリル・ストリープならそのくらいやるだろうな…

わざと音痴に歌うのって相当難しそうですが、そこはもうさすがというか…ラストの夢のシーンではちゃんと歌ってるのがまた凄い。

役者陣はいいし、映画の作りもいいのでしょうが…私としては、マダムに現実を教えてあげてよ!!(教えたところでマダムは絶対の自信を持ってるので信じないんでしょうが…自分の歌声の録音聞いても音痴だと思わないのが不思議です…)ともやもやしたので微妙な感じですね〜(^^;)


コメント
コメントする









links
藍川の本棚
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM