<< ザ・フォーリナー/復讐者(2017) | main | デス・リベンジ2(2011) >>

カサブランカ(1942)、ローマの休日(1953)

Amazonプライムでホイホイ見れるので結構流し見しちゃてレビューするのも忘れているんですが、備忘録ってことでまとめて。

とりあえず「有名だけど見たことなかった昔の映画」特集ということで(笑)。

 

『カサブランカ』

 

かの有名な「君の瞳に乾杯」というセリフを生みだした映画…というくらいの予備知識しかなかったんですが、このセリフが作中何度か出てくるとは思わんかったです(笑)。

イングリット・バーグマンはワタクシの好みの路線とはちょっと違うんですが、もう発光してるんじゃないかってくらい美しいですね(笑。照明さんが頑張っているんだろうな…)

ハンフリー・ボガートはあまりイケメン(今風の言い方をしたくはありませんが^^;)ではないなぁと思うんですが、行動は格好いいんです、男性がシビれるのもわかります、ダンディで「粋」。「粋」ってのは若造には醸し出せませんし、ダンディな男性ならばこそですからね。

最後の警察署長さんだったかとのやり取りもいい感じでほっとする終わり方。

ラブストーリーとして見ればハッピーエンドとは言えないんでしょうが(でも悲恋ではない。ここがミソか)、だからこそ名作たり得たのかなという感じ。

 

 

『ローマの休日』

 

これはもう言わずもがなの名作ですね。かなり昔テレビで見た気もするんですがほとんど忘れてました(^^;)

改めて見てみると、ヘップバーン可愛いなぁおい!グレゴリー・ペック格好いいなあもう!!…という感じで(笑)。

ヘップバーンも私の好みの路線ではないんですが(どちらかといえばクールビューティでエロ醸し出してるタイプが好きなんで。笑)、もうそんなの飛び越えて魅力的。

作品についてググると、ヘップバーンの演技を見て当時新人で初主演作だった彼女のクレジットを自分と同等に(タイトルより前に)出すべきだとペックが進言したとかなんとか。そんなエピソードも納得してしまいます。

 

こちらもいわゆるハッピーエンドではないんでしょうが、ラストシーンのペックの姿が格好良過ぎますね…この時代の映画は男性が粋ですよね。

とりあえずこちらの映画は私が食後に見たにもかかわらず寝落ちせずラストまで見てしまいましたので、それだけ魅力のある作品だという判断で…(だからその判断基準は^^;)

コメント
コメントする