<< ヒート(1995) | main | マスク(1994) >>

帝一の國(2017)

 

オヤジスキーなワタクシがなんだってこんな若手イケメンてんこ盛りがウリの映画を観たかというと、単に予告編観て面白そうだったからです。

ながら見でさらっと見るのにちょうどいいかな〜と。まぁそれほど期待もせず観たわけですが、これ結構面白かったです。

 

原作の漫画は読んでないんですが、漫画原作も納得の濃いキャラのオンパレード(笑)

私基本的に若い子の顔が区別できないんですが他のドラマとかでも見たことのある顔が多いので大丈夫かなと思い(初見か認知済みかは大きな違いです^^;)鑑賞したわけですが、そんな心配いらないくらいキャラが濃いので区別は容易でした。

あまりに濃すぎるので、一人だけナチュラルな竹内涼真くんが浮いているという、なんだこの異世界は…(笑)

 

予告編だけは面白いけど…って映画が多い中、この映画は本編もずっと予告編並みのテンションを維持してるのでダレずに最後まで見られます。っていうかテンション高い(笑)!

主人公(菅田将暉くん)と父親(吉田鋼太郎さん)がテストの点確認するというだけなのになんであんなにテンション高いのwww

いや色々笑わせていただきました。

あ、男(しかも若い)の尻に興味はないので、ずらっと並んでふんどしで太鼓叩きまくるシーンには萌えなかったです(笑)。ただただ笑えました。

 

ひたすらに生徒会長目指して突っ走ってきた主人公が最後その座を譲るので、どうして改心したんだ?と思ったら…やっぱりブレない奴でしたwwニヤリとするラストがナイスでした〜。

 

そこからのエンディング、濃い男の子たちを見続けた後なので一人踊ってる永野芽郁ちゃんがもう可愛くて可愛くて、うっかりファンになりそうでした(笑)。なんという清涼剤……!(笑)

濃さに当てられて萌えどころが足りませんが、深いこと考えずに見るにはちょうどいい映画でございます。(私の好物な路線ですね)

コメント
コメントする








 
藍川の本棚
Selected Entries
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM