<< マスク(1994) | main | ミッション:インポッシブル(1996)、M:I-2(2000) >>

バックドラフト(1991)

 

こちらも20数年ぶりの再鑑賞作品。

う〜んやはり面白い!

消防士さんすげえええええと感謝せずにはいられない迫力たっぷりの炎、印象深い劇伴、兄弟の確執と愛情を描きながら放火犯探しのミステリ要素も絡めつつ(この辺はアッサリ目ですが)、しっかりエンタメに仕上げてくるあたりロン・ハワード監督の腕の見せ所といった感じ。

「アポロ13」「身代金」「ビューティフル・マインド」等々、アメリカを代表する映画監督の一人と言っていいでしょう。

 

2時間ちょいの映画ですが、無駄なくテンポよく、万人受けする作品に仕上がってます。

あまり深〜く掘り下げることなくわりとさらっと描いているので、生死をかけたヘヴィな部分がありながらも一種青春モノのような爽快さを感じる映画です。青春というには年食った人ばかりですが(笑)。

メインは兄弟愛や主人公の成長ストーリー…といった感じですね。あと消防士たちの結束はバディものがお好きな方にもおすすめ。

一応恋愛要素も入れ込もうとしたのか、主人公と元カノが消防車の上でコトをはじめちゃったりというなかなかツッコミどころ満載のラブシーンもありますが(笑)、基本的には男たちのドラマです。

 

キャストは地味に豪華でして、コレホント語ると朝までかかりそうなメンツが揃ってるんですが(笑)。

 

主人公はウィリアム・ボールドウィン。

私は最初に見たのがシャロン・ストーンと共演してた「硝子の塔」だったのでタレ目の変態のイメージが強くて(酷いな!笑)、この映画ではわりに爽やかでびっくりしましたね。(オススメ出演作は「フェティッシュ」ですな。これもアレな役ですが・笑)

爽やかでびっくりといえば元カノ役のジェニファー・ジェイソン・リーもなんですが、「ルームメイト」「黙秘」とブルネットでダークな感じの役が多かったので(どちらかというとそういう役がハマる女優さんです)、金髪で「主人公の彼女」ポジションというのがかなり意外でした(笑)。

で、兄役はカート・ラッセル。この方は汗臭い役が似合うので、この消防士のにーちゃんはハマってますね。

その元妻役がレベッカ・デモーネイ…女性キャストはこの方とJJリーくらいなのでちょっと寂しい布陣です。

 

さらにバイプレイヤーで色々映画出てたJ・T・ウォルシュ(そういやこの方確か亡くなってたよな…ってググったら1998年で、そんなに経ってたか〜とびっくりしました)、オヤジスキー的にちょっと好みなスコット・グレン、さらにはデ・ニーロとドナルド・サザーランドが脇を固めてます。

とくにドナルド・サザーランドが出番は少ないながらも強烈な印象。しかしこの方、今もこの頃とあんまり変わってなくね!?

似てるのでおわかりでしょうが、「24」のジャック・バウアーことキーファー・サザーランドは息子です。ドナルド父さんのほうがアクが強いというか目力が強い感じですね。

 

…と、まぁこんな感じのメンツですので、それだけでもう見ごたえがあります。

この頃の映画はやはりいいな!

コメント
コメントする








 
藍川の本棚
Selected Entries
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM