<< キングダム(2019) | main |

氷の微笑(1992)

 

これまた昔見た映画の再鑑賞。

シャロン・ストーンの出世作、取調室でのノーパン脚組み替えシーンが有名なエロティックサスペンスです(その紹介…^^;)。

改めて見ると……ここまでエロいのも最近はあんまり見かけなくなった気がするんだがどうなんだろ…(あんまり最近映画見てないしな…)

が、個人的にはマイケル・ダグラスがあまり好きじゃないので、絡みシーンがイマイチ萌えませんでした(爆)。

 

脚組み換えシーンについてはホント体張ってるな〜って感じですが、シャロン・ストーンがむちむちぼいんなタイプじゃなくてクール系美女なのでいやらしさはあまり感じません。っていうかヘアなんて絵的にはそう美しいものでもないんだし…と女目線では思うわけで、取り調べする面々の生唾飲み込んでるような姿はむしろ笑えますね。

っていうか、もうとにかくね、シャロン・ストーンが美しすぎて惚れ惚れする映画なんですよね…!見所はそれだけです、私的には(笑)

今現在年食ってもお美しいですが、この映画から先数年の出演作が特に美しいのでもうそれだけで鑑賞に堪えられます。ワタクシのクール系美女好きの原点は間違いなくシャロン・ストーンです。

 

…と、シャロン様の美しさだけで語り明かしてしまいそうなので映画の内容に戻りますが(笑)

 

冒頭からエロいしグロいしという衝撃的なシーンで始まり、その後も音楽が不穏さを盛り上げて、微妙に後味悪い終わり方をして、映画としてはよくできてると思いますが、犯人とかは映画でわかる限りだとそうひねりもない感じかな…色々深読みすると見えてる通りの犯人で合ってるのか段々わからなくなってくるので、その辺深く考えずに美しいシャロン様だけを楽しむことにしておきます(笑)。

 

ちなみにマイケル・ダグラス演じる刑事については、魅力が全然感じられないキャラでして、まったく感情移入できません…(^^;)

すぐカッとするし、元カノ精神科医とのエロシーンなんてまるでレイプだし(服どうしてくれんのよ)、容疑者(シャロン・ストーン)と寝ちゃうし、このキャラ好きな女性はいないんじゃないか?って思うんですが。

そんなあたりからも、やはり見所はシャロン様だけってことを再確認してしまいました…(苦笑)

コメント
コメントする








 
藍川の本棚
Selected Entries
Categories
Links
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM